Snapは安全性についてブリュッセルのNGOラウンドテーブルを開催

2024年3月5日

先週、Snapはブリュッセルで、子どもの安全やデジタル著作権に関する非政府組織(NGO)の代表32人を集めた円卓会議を開催し、スナップチャットにおける安全への独自のアプローチを共有するとともに、継続的な改善のためのフィードバックを聞きました。
EUインターネットフォーラム(EUIF)の最新閣僚会合への参加に合わせ、また、欧州の同僚とともに、私はこの尊敬すべきグループで講演させていただきました。また、参加された方々の貴重なご意見に感謝いたします。
ティーンエイジャー、そして私たちのコミュニティのすべてのメンバーを守ることは、Snapの基本です。会議では、当社の包括的な安全哲学、長年にわたるセーフティ・バイ・デザイン製品開発プロセスの遵守、および世界中のSnapchatユーザーを保護するための調査や機能、ツール、リソースの開発に向けた継続的な取り組みについて概説しました。
私たちは、Snapchatが従来のソーシャルメディアに代わるものとして、当初からどのようにデザインされたかを示す新しい「より少ないソーシャルメディア、よりSnapchat」キャンペーンを展示しました。最新の6カ国のデジタルウェルビーイングインデックスと調査を振り返り、成長を続ける私たちのアプリ内保護者・介護者ツール群であるファミリーセンターについて掘り下げました。オンラインにおける児童の性的搾取と虐待(CSEA)の様々な側面に焦点を当てた非常に多くのNGOとともに、私たちはまた、積極的な対策と対応策の両方を通じて、Snapが日々、このような卑劣な犯罪に反撃していることを強調しました。実際、私たちの信頼と安全チームは一致団結した努力により、昨年、CSEAに違反する約160万件のコンテンツを削除し、アカウントを無効にし、違反者を米国行方不明・搾取されがちな子どものための国立センター(NCMEC)に報告しました。Snapチームは、サポートエクスペリエンスをさらにシンプルにして改善し、アプリ内でよりティーンに優しい言葉でコミュニケーションをとり、10代の若者や若年層向けの特定のオプトイン機能を検討するために、さらに多くのアイデアや洞察を持ち帰りました。
議論は、年齢保証と年齢確認という、すべてのグローバルな利害関係者にとって現在進行中の安全上の課題を再び浮き彫りにしました。対話を継続するために、ブリュッセルで同様のイベントを開催することを楽しみにしており、これらのトピックに関する具体的なフォローアップを計画しています。また、このプログラムを他のヨーロッパや国際的な主要都市にも拡大したいと考えています。
テックのエコシステム全体で、私たちは皆、互いに分かち合い、学ぶことがたくさんあります。そして、Snapchatの安全のために、パートナーや協力者の仲間を増やしたいと考えています。
— Jacqueline Beauchere、プラットフォーム安全性グローバルヘッド
ニュースに戻る