選挙の完全性に関する市民社会グループへの対応を共有

2024年4月22日

今月初め、Snapは他の大手テック企業とともに、200以上の市民社会団体、研究者、ジャーナリストから、2024年の選挙の公正性を守るための取り組みを強化するよう求める書簡を受け取りました。当社は彼らの擁護を高く評価し、民主主義を守るために全力を尽くす一方で、世界中の人々が選挙に参加できるようにするという彼らのコミットメントを共有します。

このような問題の重要性、そしてSnapchatを利用してフレンドや家族とコミュニケーションをとり、当社のコンテンツを通じて世界についてより多くのことを学んでいる何億もの人々に対して当社が感じている深い責任を考えると、当社の対応を公に発表することが重要だと感じました。当社の書簡は下記からお読みいただけます。また、今年の選挙に関する当社の計画についてはこちらをご覧ください。

***

2024年4月21日

市民団体の皆様:

世界中で前例のない選挙活動が行われた今年、皆様の継続的な警戒とアドボカシーに感謝いたします。当社は、Snapがこのような環境において私たちの責任にどのように取り組んでいるのか、また、これらの取り組みが当社の長年の価値観にどのように合致しているのかについて、詳しく共有する機会を与えていただき感謝しています。

Snapchatアプローチの概要

選挙に関連するプラットフォームの完全性に対する当社のアプローチは、階層化されています。高いレベルでは、核となる要素には以下が含まれます。

  • 意図的な製品安全対策、

  • 明確で思慮深い方針、

  • 政治広告への真摯な取り組み、

  • 協力的で協調的な運営、および

  • Snapchatユーザーに力を与えるツールとリソースを提供します。


これらの柱を組み合わせることで、選挙に関連するさまざまなリスクを軽減するとともに、Snapchatユーザーが世界中の民主的プロセスへの参加を支援するツールや情報にアクセスできるようにするアプローチを支えています。 

1. 意図的な製品セーフガード

Snapchatは当初から、従来のソーシャルメディアとは異なるデザインでした。Snapchatは、無限の、吟味されていないコンテンツのフィードを開くことはなく、人々がライブストリーミングすることもできません。

当社は以前から、有害なデジタル偽情報による最大の脅威は、一部のデジタルプラットフォームがその拡散を可能にするスピードと規模に起因していると認識してきました。当社のプラットフォームポリシーとアーキテクチャは、吟味されていない、あるいはモデレートされていないコンテンツが、チェックされずに意味のある規模を達成する機会を制限しています。その代わりに、当社はコンテンツを多くの視聴者に増幅させる前に事前に節度を持たせ、信頼できる出版社やクリエイター(例えば、米国のThe Wall Street JournalThe Washington Post、フランスのLe Monde、インドのTimes Nowのようなメディア組織など)からのものでない限り、ニュースや政治情報の配信を広く制限しています。

この1年間で、Snapchatにおける生成系AI機能の導入は、同じレベルの意図をもって迎えられました。当社は、市民のプロセスを損なったり有権者を欺いたりするために使用される可能性のあるコンテンツや画像を生成するAI製品の能力を制限しています。例えば、当社のチャットボットであるMy AIは、政治的な出来事や社会問題を取り巻く背景に関する情報を提供することがありますが、政治家候補者に関する意見を提供したり、特定の結果に投票するようSnapchatユーザーに勧めたりしないようにプログラムされています。また、テキストから画像への変換機能では、既知の政治的人物の肖像など、リスクの高いコンテンツカテゴリーの生成にシステムレベルの制限を採用しています。

これまで10年以上にわたり、また複数の選挙サイクルにおいて、当社の製品アーキテクチャは、市民のプロセスを混乱させたり、情報環境を弱体化させようとする行為者にとって、非常に居づらい環境を作り出す上で中心的な役割を果たしてきました。そして、それがうまく機能していることを示す証拠もあります。当社の最新のデータによると、2023年1月1日から6月30日までの間、有害な虚偽情報(選挙の完全性に対するリスクを含む)に対する全世界での取締りの総数は、取締りを行った全コンテンツの0.0038%に相当し、当社のプラットフォームにおける危害の可能性が最も低いカテゴリーに含まれています。

当社は、2024年の選挙におけるAIの欺瞞的使用に対抗するための技術協定への署名者としてのコミットメントを含め、2024年のプラットフォーム・インテグリティの取り組みにプロダクト・フォワード・アプローチをもたらし続けます。

2. 明確で思慮深いポリシー

製品のセーフガードを補完するため、当社は、選挙のような注目度の高いイベントにおいて、安全性と完全性を高めるためのさまざまなポリシーを導入しています。例えば、有害な虚偽情報、ヘイトスピーチ、暴力の脅迫や呼びかけなどは、当社のコミュニティガイドラインで明確に禁止されています。

選挙に関連する有害なコンテンツについて、当社の対外的な方針は、情報インテグリティの分野における一流の研究者たちによってもたらされた強固なものです。禁止される有害なコンテンツの具体的なカテゴリーとしては、以下のようなものがあります。

  • 手続き上の妨害:重要な日時や参加資格要件を偽って伝えるなど、実際の選挙や市民の手続きに関連する誤った情報を流すこと、

  • 参加妨害:身の安全に対する脅迫を含むコンテンツ、または選挙や市民活動への参加を阻止するための噂を広めるコンテンツ、

  • 詐欺的または不法な参加:市民活動に参加するために虚偽の申告をしたり、不正に投票を行ったり、投票を破棄したりするように人々に偽装を促すコンテンツ、および

  • 市民活動の非合法化:例えば、選挙結果に関する虚偽または誤解を招くような主張に基づいて、民主主義機関を非合法化することを目的としたコンテンツ。

また、ヘイトスピーチ、女性差別、標的を絞ったハラスメント、あるいはなりすましなど、選挙リスクがしばしば他の危害のカテゴリーと交差することをモデレーション・チームが理解できるよう、内部ガイダンスも提供しています。

当社のすべてのポリシーは、ユーザー生成かAI生成かにかかわらず、当社のプラットフォーム上のあらゆる形式のコンテンツに適用されます。1また、すべてのポリシーは、目立つかどうかにかかわらず、すべてのSnapchatユーザーに等しく適用されることも明確にしています。どのような場合でも、有害な欺瞞的コンテンツに対する当社のアプローチは単純です。ラベルを貼ったり、ランクを下げたりするのではなく、削除するのです。当社のコンテンツルールに違反したSnapchatユーザーは、ストライキと警告メッセージを受けます。このような違反が続く場合、アカウント権限を失う可能性があります(ただし、すべてのSnapchatユーザーには、当社の執行決定に異議を申し立てる機会が提供されます)。

3. 政治広告への真摯な取り組み

民主的な選挙に関連する政治広告を許可するプラットフォームとして、当社は選挙の完全性に対するリスクを軽減するために、厳格な慣行を採用するよう注意を払ってきました。特に、Snapchatに掲載されるすべての政治広告は、当社のプラットフォームに掲載されるに、人によるレビューと事実確認が行われています。このような取り組みをサポートするため、当社は必要に応じてPoynterやその他のInternational Fact Checking Network加盟団体と提携し、広告主の主張が実証可能かどうかを独立した超党派の立場で評価しています。当社の政治広告の審査プロセスには、AIを使用して欺瞞的な画像やコンテンツを作成していないかどうかの徹底的なチェックが含まれます。

透明性を確保するため、広告には誰が広告費を支払ったかを明確に開示する必要があります。また、当社の政治広告ポリシーでは、外国政府や選挙が行われている国以外に所在する個人または団体から広告費が支払われることを認めていません。当社は、どの政治広告の掲載が承認されたかを確認し、ターゲティング、コスト、その他の洞察に関する情報を含む政治広告ライブラリを保持することが、一般の人々の利益になると考えています。

これらすべてのプロセスのコンプライアンスを確保するため、当社の商業コンテンツポリシーでは、インフルエンサーが従来の広告フォーマット以外で有料の政治コンテンツを宣伝することを禁止しています。これにより、すべての有料政治コンテンツは、当社の広告審査慣行と免責事項要件の対象となります。

4. 協力的で協調的なオペレーション

Snapでは、選挙の公正性のセーフガードを運用するために、非常に協力的なアプローチをとっています。社内では、誤報、政治広告、サイバーセキュリティの専門家を含む、機能横断的な選挙インテグリティ・チームを招集し、2024年の世界中の選挙に関連するすべての関連動向を監視しています。このグループには、信頼と安全、コンテンツモデレーション、エンジニアリング、製品、リーガル、ポリシー、プライバシーオペレーション、セキュリティなどの代表者が所属しており、プラットフォームの完全性を守るための全社的なアプローチを反映しています。

Snapは、コンテンツのモデレーションとエンフォースメントにおいて、Snapが事業を展開するすべての国に対応する言語能力を維持しています。また、危機対応プロトコルを運用化し、リスクの高いグローバルな事象に直面した際の運用の俊敏性を確保しています。

このような協調の精神は、社外との協力関係にも及んでいます。当社は日常的に民主主義のステークホルダーや市民社会組織と関わり、アドバイスや調査による見識を得たり、懸念事項を聞いたり、事件のエスカレーションを受けたりしています。(あなたの書簡の署名者の多くは、こうした目的のために、当社の大切なパートナーであり続けています。)当社はしばしば、プラットフォームインテグリティに対する当社のアプローチについて、政府や選挙当局に説明しています。当社はまた、例えば今年、市民社会、選挙当局、および同業界の利害関係者と協力して「テクノロジー企業のための自主的な選挙インテグリティガイドライン」の策定を支援したように、複数の利害関係者が参加するイニシアティブにも参加しています。そして、市民的プロセスに対するデジタルリスクの軽減を支援するため、すべてのステークホルダーと建設的に関与するさらなる機会を歓迎します。

5. Snapchatユーザーに力を与えるツールとリソースを提供する

Snapでは、市民参加は最も強力な自己表現の1つであると常に考えています。人々の自己表現を支援し、新規の有権者や初めての有権者に大きなリーチを持つプラットフォームとして、当社は、地元の選挙で投票できる場所や方法など、ニュースや世界の出来事に関する正確で信頼できる情報にコミュニティがアクセスできるよう支援することを優先しています。

2024年、これらの取り組みは、長年にわたって変わらない3つの柱に焦点を当てます。

  • 教育:ディスカバーのコンテンツやタレントとのパートナーシップを通じて、選挙、候補者、争点に関する事実に基づいた適切なコンテンツを提供します。

  • 登録: 第三者の信頼できる市民インフラを活用し、スナップチャッターに投票登録を促します。

  • エンゲージメント: アプリ内で公民にまつわる興奮とエネルギーを生み出し、Snapchatユーザーに選挙前/選挙当日の投票を促します。


これらの計画の多くは、2024年に向けて現在進行中ですが、Snapchatユーザーを有益なリソースにつなげることで、当社が長年に渡って成し遂げてきた多くの成功を土台とするものです。

最後に

世界中の民主主義にとっても、強力な新技術の加速にとっても、このような重要な瞬間において、プラットフォームがその価値観について透明性を保つことは、これまでと同様に重要です。この点に関して、当社の価値観はこれ以上ないほど明確です。当社は、市民のプロセスを弱体化させたり、Snapchatユーザーの安全を脅かしたりするような当社のプラットフォームの悪用を拒否します。 当社はこれまでの実績に誇りを持っていますが、選挙関連のリスクに対しては引き続き警戒を怠らないようにしなければなりません。そのためにも、これらの問題に対する建設的な関与に改めて感謝いたします。

敬具、

Kip Wainscott

プラットフォームポリシー責任者

ニュースに戻る
1 AIによって生成された、あるいはAIによって強化されたコンテンツをSnapchatで共有することは、当社のポリシーに反していませんし、当社が本質的に有害であると理解しているものでもありません。ここ何年もの間、Snapchatユーザーは楽しいレンズやその他のAR体験でイメージを操作することに喜びを見出してきました。そして当社は、当社のコミュニティがAIを使って自分自身をクリエイティブに表現する方法に興奮しています。しかし、もしそのコンテンツが欺瞞的(あるいは有害)であれば、その作成にAI技術がどの程度関与しているかにかかわらず、当社はもちろんそのコンテンツを削除します。